アジャスターパーツガイドのご案内

★一部車種に、自研指数・全大協工数を収録★

2015年度版(4月改定分)好評注文受付中!

アジャスターパーツガイドは、最新の自動車部品価格を掲載しイラストも見やすく、自動車の修理見積には欠かせないガイドブックです。

 

◎アジャスターパーツガイドの特徴

  1. 国産乗用車、輸入車、小型トラックの一部車種に日本アウダテックス社 発行の【指数テーブル】より、「脱着・取替指数」を収録されております。(作業項目と数値のみ)
  2. 大型・中型トラックの一部車種に全国大型自動車整備工場経営協議会 発行の【小型・中型・大型 貨物自動車 事故車損害算定参考資料】より「脱着・取替」工数を収録しました。(作業項目と数値のみ)
  3. 修理費の見積順序にそった編集で、イラストも見やすく、「見積」の大変しやすい編集内容となっています。
  4. 他社にない「輸入車」・「トラック」・「二輪車」がありますので、利用価値が非常に高いと好評です。
  5. 「新型車版」は、秋の発行とし、春版以降に作成の新型車種を掲載いたします。
    ※「新型車版」は、国産乗用車がメインの発行です。輸入車及びトラックが含まれる場合もあります。
  6. ご購入の単位は、乗用車セットのみ、輸入車セットのみ、トラックのみとセット毎の購入ができます。又、必要な冊数だけの購入もできます。
  7. お客様への発送は、4月末の予定です。

 

お申し込みはFAXで:089-958-3085

メールはこちらから

愛媛県自動車車体整備協同組合では、快適なカーライフをサポートします

山口車協訪問のレポートをUPしました。

組合員専用ページに「山口車協訪問」のレポートをUPしました。

http://ehime-syatai.com/system/

組合専用ページにログイン後にご覧いただけます。

愛媛県自動車車体整備協同組合では、快適なカーライフをサポートします

【日車協連全国ニュース】Vol.137

日車協連全国ニュース2011年1月号をご紹介します。

日車協連全国ニュース

  • 年頭所感
  • 自動車車体整備事業の認証制度の必要性を考察する
  • 秋田県連車協が全国初の車体整備技能競技大会を開催

 

愛媛県自動車車体整備協同組合では、快適なカーライフをサポートします

日車協連に無償提供-トヨタ-

新型プリウス板金修理情報 自動車メーカー初

トヨタ自動車は、新型「プリウス」の板金修理データを日本自動車車体整備協同組合連合会(日車協連、丸山憲一会長)に無償提供する。

自動車メーカーが板金修理に関する整備情報を日車協連に無償で提供するのはこれが初めて。

日車協連が組合員向けに発行している技術情報誌「スキル・レポート」43号(10月1日発行)に、ハイブリッドシステムの取り扱いに関する注意事項や超高張力鋼板の溶接作業条件などを掲載し、作業者への注意喚起を徹底する。

--21.9.28発行 日刊自動車新聞より--

愛媛県自動車車体整備協同組合では、快適なカーライフをサポートします

指数テーブルに水性塗料を公表

自研センター(池田直人社長、千葉県市川市)は、自動車補修用水性塗料の塗装作業の目安となる補修塗装指数を公表する。

水性塗料の指数は、日本アウダテックス(河津幸宏社長、東京都中野区)が発行する「指数テーブル」に掲載する。

指数化により、車体整備業界の水性塗料導入による環境対応の支援につなげる。

--21.9.24発行 日刊自動車新聞より--

愛媛県自動車車体整備協同組合では、快適なカーライフをサポートします

超高張力鋼板 補修溶接条件を開示

~トヨタ、修理品質向上へ~

トヨタ自動車は、超高張力鋼板の補修溶接条件を鈑金作業マニュアル「ボデー修理書」に開示し、高度化するハイテン材補修の修理品質を高める。

4月に発売した新型「ウィッシュ」と5月に発売した新型「プリウス」のボデー修理書に初めて溶接条件を記載し、全国の販売店や内製板金塗装工場などに設定条件を厳守させる。

自動車メーカーによる補修溶接条件の開示は、富士重工業に続き世界で2社目。

最大手のトヨタが補修溶接データの開示に乗り出したことで、メーカー各社の今後の対応が注目される。

--21.7.22発行 日刊自動車新聞より--

愛媛県自動車車体整備協同組合では、快適なカーライフをサポートします

プリウスのロッカーパネルに・・・

新型「プリウス」は、ロッカーパネルに980メガパスカルの超高張力鋼板を採用している。

また、フロントボディーピラー、センターボディーピラーには590メガパスカルの高張力鋼板を採用した。

さらに、アンダーボディーに440メガパスカル、フロント・リアドアに340メガパスカルの高張力鋼板を使用している。

トヨタは、超高張力鋼板修理時の注意事項として、切り継ぎ溶接の禁止や抗張力鋼板対応スポットカッターの使用、溶接条件の厳守、パネル修正時の加熱禁止などを修理書に明記。

また、十分な溶接強度を確保するため、溶接機のシールドガスは、炭酸ガスではなく混合ガスを使用するよう作業者に呼びかけている。

--21.7.22発行 日刊自動車新聞より--

愛媛県自動車車体整備協同組合では、快適なカーライフをサポートします