広島にて日車協青年部全国大会に参加

11月2日は、広島にて開催された同業者の青年部全国大会へ参加して参りました。


私たち愛媛はまだ正式な青年部は復活していませんので、オブザーバーという形で5名の参加となります。北海道から九州まで過去最高の230名もの若人が集い会場は熱気でムンムンしています。


各委員会の事業発表では

①社会的地位向上委員会

②経済的地位向上委員会

③総務広報渉外委員会

が各事業内容をパワーポイントを使用して発表。
5年後、10年後先を見込んでの取り組みもあり
未来に笑顔溢れる業界を目指しています。


そのあと、「俺でも稼げた1億円!」なんて題目の講演があり、なんと講師は警察官を10年勤められマル暴担当の刑事であり、このまま公務員で定年退職でき ると思っていたにもかかわらず、父親が亡くなったことにより借金まみれの白蟻消毒の会社を引き継ぐはめになったなんていうドラマにでも出てきそうなストー リーの方であります。最初は警察官に会うたび惨めな想いをされていた、ユーモア混じりでお話しいただきましたが、相当な想いをされたのでしょう。それで集 まる従業員といえば暴走族上がりや現役のような若者ばかりだった、そんな彼らにいかに自ら進んで仕事に足り組ませる「しくみ」を作っていったのだそうで す。

 

広島にて日車協青年部全国大会に参加

「経営は逆算である」
☆10年後、どうなりたいのか。
ただ頑張っているだけ、ただ働いているだけでは駄目。
☆具体的に儲けるためにはどうしたらいいのか。
経営感覚を養うこと
①数字でものを見る
②枠にとらわれない

また、リーダーシップに必要なことは「夢」を持つこと。

面白いことを言ってました。

「今日、飲みに行くときに見てみな。貧乏人は貧乏人と行くから(笑)同類で集まるから儲からないんだ。鈑金屋さんは儲からない鈑金屋同士で集まるから(笑)」


……。なるほど。


経営者は、儲かるための「しくみ」を作るのが仕事なんだ。

そのためには、

①利益率を高くしよう!
②資金繰りを楽にしなければいけない!
③社員を変化させること

ここにはもう少し深くあるのですが、控えます。

とにかく目からウロコのようなお話でありました。


私も諸先輩方のおかげで、全国に知り合いができ、また今回も縁合ってたくさんの方々とお会いするかとができました\(^_^)/


同じ愛媛から参加いただいたメンバーのなかにも初めてお会いした方がいるくらい。

広島にて日車協青年部全国大会に参加

二次会はなんと、180人の参加と聞きました。

広島にて日車協青年部全国大会に参加

とにかく、凄いです!


思い切り、広島の夜を堪能させていただいたのは言うまでもありません。


企画、進行いただいた日車協青年部役員を始め、広島青年部の皆さんお疲れさまでした。そして感謝いたします。


このことは、しっかり「アウトプット前提のインプット」させていただきましたので、帰って理事長に、また組合にしっかり報告させていただきます。


次回はぜひ正式な参加をお待ちしております、とおっしゃっていただいた市村会長にもお答えせねばなりませぬので(笑)

指導教育委員長 森中

 

愛媛県自動車車体整備協同組合では、快適なカーライフをサポートします