自動車車体整備補修業界向け教育研修のご案内

日本溶接技術センターは日本自動車車体整備協同組合連合会・関東連絡協議会殿と合意の上で、ある自動車車体補修業界に対し、「車体整備における溶接の基礎研修」と銘打った研修会を発足させることになりました。本研修会では、車体溶接補修の2大手法として用いられている抵抗スポット溶接およびアーク溶接に関し、必要な基本知識を初心に返って学ぶと共に、現状の補修溶接に関する諸課題を認識・把握し、今後に向けての問題解決能力を養う機会を提供致します。

 

■研修指導概要■
(研修日数:1日/講義約4時間相当、質疑応答約1時間)
・車体補修の現状
・溶接作業の基本、安全管理
・自動車溶鋼板の特性、高張力とは
・抵抗スポット溶接の基本知識
・アーク溶接の基本知識
・溶接部品質確保の要点

■開催場所■
日本溶接技術センター 5階講堂教室
TEL:044-22-4102  FAX:044-233-7976

■開催日時■
平成26年4月19日(土)  10:00~16:00
(当日受付 9:30~)

■受講料■
7,000円/1名(消費税および昼食代1,000円を含む)

※支払は受講日の2日前までに現金、現金書留、銀行振り込みのいずれかでお願い致します。
(りそな銀行 川崎支店 当座預金 NO.413442 口座名義:財)日本溶接技術センター)

■修了証■
本研修会参加者には、全員に研修修了証(主催元発行)が授与されます。

より詳しいご案内はコチラから>>>

申込書のダウンロードはコチラから>>>

愛媛県自動車車体整備協同組合では、快適なカーライフをサポートします

金属塗装技能検定のご案内

技能検定は、技能の向上と経済的社会的地位の向上を図ることを目的に、職業能力開発促進法に基づいて働く人々の有する技能を一定の基準によって検定しこれを公証する国家検定制度です。

技能検定の合格者には、1級は厚生労働大臣、2級及び3級は愛媛県知事より合格証書が交付され、「技能士」と称することができます。

試験内容は「実技」と「学科」試験があります。

■受験資格
1級は実務経験7年、又は2級技能検定合格後2年の実務
2 級は実務経験2年
3 級は6ヶ月の実務経験が必要です。

※ 検定職種に関する学科の訓練又は免許を受けた方は実務年数が短縮されます。

 

■受検手数料
実技17,900円、学科3,100 円

 

■実施日程(予定)
実技 平成26年7月27日(日)
 →開催場所:(有)野村自動車(伊予郡松前町)アクセスマップ>>

学科 平成26年8月24日(日)午前の予定。
 →開催場所は未定です。

 

■金属塗装作業実技試験の概要
1級作業試験内容
(1)鋼板で製作した角筒(200 ㎜×100 ㎜×450 ㎜)の外面に、下塗り及びパテ付けを行う。
(2)見本板に基づいて調色したラッカーエナメル及びラッカーメタリックにより、被塗装物に吹付け塗り仕上げをする。

 →試験標準時間:4時間

2級作業試験内容
(1)鋼板で製作した角筒(200 ㎜×100 ㎜×450 ㎜)の外面に、下塗り及びパテ付けを行う。
(2)見本板に基づいて調色したラッカーエナメルにより、被塗装物に吹付け塗り仕上げを行う。

 →試験標準時間:4時間

3級作業試験内容
(1)鋼板で製作したL形の被塗装物(200 ㎜×100 ㎜×300 ㎜)の外面にパテ付け及び下塗りを行う。
(2)見本板に基づいて調色したものを、被塗装物に吹付け塗り仕上げをする。

 →試験標準時間:2時間30分

 

■受付期間
4月7日(月)~4月18日(金)締め切り厳守

※ 受検希望者には、申請書を送付しますのでお問合せください。
技能検定受検申請書と受験料を添えてお申込ください。

詳しいご案内はこちらから>>>

【送付先】
〒791-1113
松山市森松町1075番地の2 愛媛県自動車会館2F
愛媛県自動車車体整備協同組合 宛

TEL:089-957-8740・FAX:089-958-3085

愛媛県自動車車体整備協同組合では、快適なカーライフをサポートします