金属塗装技能検定のご案内

技能検定は、技能の向上と経済的社会的地位の向上を図る目的に、職業能力開発促進法に基づいて働く上で身につける、また必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度です。技能検定の合格者には、1級は厚生労働大臣、2級及び3級は愛媛県知事より合格証書が交付され「技能士」と称することができます。

◆ 試験内容 実技試験及び学科試験が行われます。

◆ 受験資格 1級は実務経験7年、又は2級技能検定合格後2年の実務

          2級は実務経験2年、3級は6ヶ月の実務経験が必要です。※検定職種に関する学科の訓練又は免許を受けた方は実務年齢が短縮されます。  

◆ 受験手数料  実技17,900円・学科3,100円 ※2級の実技試験手数料が35歳未満の方は減額され、8,900円となります。

◆ 実施日程(予定) 実技 日程・場所など未定。決まり次第ご案内いたします。

              学科 平成30年8月19日(日)午前の予定。

金属塗装作業実技試験の概要

1級作業試験内容 鋼板で製作した角筒(200mmX100mmX450mm)の外面に、下塗り及びパテつけを行う。見本板に基づいて調色したラッカーエナメル及びラッカーメタリックにより被塗装物に吹き付け塗り仕上げをする。(試験標準時間4時間)

2級作業試験内容 鋼板で製作した角筒(200mmX100mmX450mm)の外面に、下塗り及びパテつけを行う。見本板に基づいて調色したラッカーエナメルにより被塗装物に吹き付け塗り仕上げをする。(試験標準時間4時間)

◆ 受付期間 平成30年4月4日(月)から4月17日(金)締切厳守

 詳しくは、愛媛県職業能力開発協会 ☎089-993-7301

           http://nokai.bp-ehime.or.jp/

 

 

愛媛県自動車車体整備協同組合では、快適なカーライフをサポートします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です