オートアフターマーケットサミット2018 

オートアフターマーケット2018   ~連携と継承~



1、アフターマーケットに広がる第三者機関による監査・認証

TUV(テュフ)の重要性

修理品質を維持、向上させる為に土台となるコンプライアンスが重要となる。

オートバックス  

昨年の夏にTUVと業務提携

より品質の良いピットサービスの提供に向けた取り組み

ピット作業の品質向上、差別化と効率化

クラシックカーガレージ

TUVの認証を受けた。

レストアにおける鈑金塗装の範囲は大きい。

鈑金塗装に対する項目はTUVゴールドと全く同じ。

今後トライしていく工場が増えていくのでは…

ガラス

ダックス 自動車補修ガラス施工でTUVによる監査・認証

事故は減っても飛び石は減らない

サービスクオリティを統一

 

品質・・・みずからのクオリティを第三者による監査・認証によって証明して勝ち残る

 

2、事業継承のための体制づくり

継承するには40年かかる。

** 要点 **

お互いに目標を作り時間をかけて継承を行なっていく。

その気にさせていく。

自らが引いていく。

社長とは・・・チームでしている中の1つの役割 『代表』 という肩書き。だれでも社長の一部。 

やること、いわれた事だけやる→社長の仕事の一旦を行っているという自覚

2代目と年齢が近くよく気の利く『新しい番頭』と補い合えば会社は運営していける。

 

3、連携と事業承継

事業承継・・・会社の資産や株式、人材など、会社が培ってきた財産を後継者に引継ぐこと。

「連携」 と 「事業承継」 モデル   

① 地域マーケットの縮小化対策

② 整備士不足と社員教育対策

③ 次世代新技術対応

 

TMコーポレーション  同業者6社で連携。コアなカンパニーを作る。 

人、ネットワーク → 情報は共有。6社のお客さまは6社でカバー。

部品の統一

お客さま対応 → 研修をしながらお客さま対応技術を向上させていく。

① 人づくり・・・・・・・教育システム MISセンター

② 店(会社)づくり

③お客さまづくり・・・車輌管理ではなく、 「ヒト」 としてのお客さまデータ

車ではなく、誰が乗っているのかが大事 ⇒ 一般流通企業の顧客データに学ぶべき

 

お客さまのために売る店あれど  お店のために買う客なし

買収でも合併でもない  『連携』

 

3、人材育成に向けた働き

国土交通省では、関係者との協働により、

「自動車整備の高度化」 と 「自動車検査の高度化」 を両輪として推進中。

①自動車整備の高度化

【情 報】  整備情報書の提供促進

【ツール】  凡用スキャンツールの開発促進

【人 材】  整備人材の高度化

②自動車検査の高度化

電子装置の故障を特定する手法の検討(OBD活用の可能性)

整備人材の高度化が大事

 

4、補修部品を考えよう

高度な設備と技術を有していても、部品がなければ納品できない。

↓↓↓

競争力の高い部品調達力が必要になる時代

自動車優良部品マーク  品質認定マーク

補修部・用品の品質 → 顧客にとっては整備、補修と一体

高付加価値商品 プレミアムパーツ

入庫台数が増えないならパーツで単価を上げていこう!

プレミアムパーツには今まで来て頂けなかった新規のお客さまを増やす。単価を上げる。

リピート率を上げる。こういったポテンシャルな形があるのでは。

 

自動車サービス業として

特徴のある強みを活かして地域に根ざす → 強みがないと組んでも弱い

 

組むべきところと組んで戦うべきところを戦う

 

 

事務局  伊賀上

愛媛県自動車車体整備協同組合は、快適なカーライフをサポートいたします。
組合を通して加盟こ自動車修理・板金工場等のご紹介も行っております。

「サイクリングしまなみ2018」開催のお知らせ

愛媛県からのお知らせです

”サイクリストの聖地” 瀬戸内しまなみ海道を舞台に、国際サイクリング大会を開催します。普段は走ることのできない高速道路で、島々と橋梁が織りなす絶景を眺めながら感動体験しませんか!

【開催日】 平成30年10月28日(日) ※ 前日受付

【場所】 瀬戸内しまなみ海道及びその周辺地域

【主催】 サイクリングしまなみ2018実行委員会

【参加対象】国内外のサイクリング愛好者

【エントリー開始】4月下旬~5月上旬

【大会形態】レースではなく景色や地元との交流を楽しむサイクリングイベント

【コース】 7コース ※詳しくは大会公式HPをご覧ください。

問い合わせ先:サイクリングしまなみ2018実行委員会今治現地本部

           TEL.0898-23-2870

 

 

愛媛県自動車車体整備協同組合は、快適なカーライフをサポートいたします。
組合を通して加盟こ自動車修理・板金工場等のご紹介も行っております。

 よろしくお願いします!

     

はじめまして。

9月末に車体組合に入社致しました

伊賀上 愛です。

これから末永く宜しくお願いします!!

 

愛媛県自動車車体整備協同組合は、快適なカーライフをサポートいたします。
組合を通して加盟こ自動車修理・板金工場等のご紹介も行っております。

基礎ができました

愛媛運輸支局の建て替え工事ですが

基礎ができたようです。

  

碁盤の目のような基礎です。これなら、地震がおきても大丈夫でしょう!

 

 

 

 

愛媛県自動車車体整備協同組合は、快適なカーライフをサポートいたします。
組合を通して加盟こ自動車修理・板金工場等のご紹介も行っております。

クレーン車が来てます

先週末からクレーン車で、資材を運び入れています。

ながーいアームを伸ばしてます。

バランスが難しそうです。

 

愛媛県自動車車体整備協同組合は、快適なカーライフをサポートいたします。
組合を通して加盟こ自動車修理・板金工場等のご紹介も行っております。

そろそろ工事が始まります

8月の下旬から、支局の建物解体工事が始まりました。

かなりの振動です。 「今、揺れたよね!」  「地震?」 と間違うような揺れです。

壊して、コンクリートや、鉄筋や、いろいろ分別して運び出して

およそ1か月           更地になりました。

振興会と支局を行き来する通路が、ますます狭くなりました。

人と人なかなか離合も難しいようです。 譲り合いで行きましょう!

愛媛県自動車車体整備協同組合は、快適なカーライフをサポートいたします。
組合を通して加盟こ自動車修理・板金工場等のご紹介も行っております。

まだ壊してませんよ!

隣の支局ですが、解体工事はまだのようです。

足場が組まれました。さすが専門家ですあっという間にできました。

  

組まれた足場の周りに、ブルーの板が取り付けられました

防音対策でしょうか?   

これからの工事は大変でしょう! 熱中症に気をつけましょう。

 

 

愛媛県自動車車体整備協同組合は、快適なカーライフをサポートいたします。
組合を通して加盟こ自動車修理・板金工場等のご紹介も行っております。

解体工事が始まりました

愛媛運輸支局の庁舎建て替えで、いよいよ解体工事が始まるようです。

カニの爪のような物で、柱をスッポ、スッポと抜いていきます。

凄い技で、見とれてしまいました。

車の解体屋さんもすごいよ!!  との事。

あっという間に、運輸支局の玄関周り 蘇鉄もなくなりました。

どんな建物ができるのか楽しみですね。

 

 

愛媛県自動車車体整備協同組合は、快適なカーライフをサポートいたします。
組合を通して加盟こ自動車修理・板金工場等のご紹介も行っております。

夕焼け

5月15日の午後7時すぎ

北の空までも、今まで見たことがないほどピンク色に染まり、

なんだろうと思いながら車を走らせていました。

森松大橋渡ったところで1枚。 重信川河口あたりの夕焼けでした。

yuuyake     自然の色は凄いですね!

愛媛県自動車車体整備協同組合は、快適なカーライフをサポートいたします。
組合を通して加盟こ自動車修理・板金工場等のご紹介も行っております。

オートアフターマーケットサミット2017

3月16日 東京ビッグサイトで行われている 『 第15回国際オートアフターマーケット 』 のサミット2017。 車体整備業界、車両整備業界、小売用品業界の代表が、それぞれの立場で現状の課題と今後の方向性をお話しいただきました。

『 新しいパラダイムの創造 』  自動運転時代のアフターマーケット          しょっぱなから、今までとは違い難しいそうだ! 少し緊張。 ^^;

現在、自動運転レベル2 (二つの機能が付いている) の普及期にありまだまだ、センターカメラなど増え続ける。過去10年間で、交通事故は4割減少した。50年前、整備業は絶頂期だった。(絶頂期に稼いだ社長さんたち今、80代)

『事業継承と人材育成』

渡す側の問題   ⇔  受ける側の問題   (阿吽の呼吸)

経営は1人ではできない、番頭さんが必要。トップが2人はダメ、社長を辞めたら 一切口を出さない。継ぐ側は、義務感でやっていると育たない。

『 勝ち残っていくために 』

雇用の安定が重要。 整備振興会の情報では、30代メカニックの年俸360万~390万円 ディラーでは420万~430万円、設備に投資する前に人に投資するべき。

お客様には、『安心』 普段から 『安心』を提供するべき。

自社だけで、トータルカーサービスがだんだん難しくなってきた。お客様に提供する質の良いサービスができない。 (ある県の例では、大手SS、コメダコーヒー、レンタカー会社、フィットネスクラブとの連携を始めた) 一人では大変、グループに入るなり 幸せになるために人を育てる。  人材育成が足りない!

 

2021年から景気が悪くなる。  2020年まであと1020日しかない。

環境に合わせて、変革を続けたものが勝ち残る。

『車体整備業は、進化し続けなければならない』 という事でした。

事務局報告

愛媛県自動車車体整備協同組合は、快適なカーライフをサポートいたします。
組合を通して加盟こ自動車修理・板金工場等のご紹介も行っております。