事故に遭った場合

あってはならない事故ですが、万が一事故が発生した場合、まず冷静になることが大切。次に、状況にもよりますが、以下のような手順で速やかに行動しましょう。

 

けが人の救助と車の移動

どんなに軽いケガでもまず病院へ。
必要なら119番で救急車を呼びます。
車は、二次災害や渋滞を防ぐためにも安全な場所に移動を。

 
 

警察に事故を連絡

事故の大小に関わらず必ず警察に通報してください。
普段ご利用の修理工場へも連絡してください。
車輌移動のレッカー車手配、代車の手配、保険会社への連絡方法など親身にアドバイス致します。

 
 

相手の確認

事故相手の氏名、住所、TEL、車のナンバー、保険会社や相手の修理工場などを確認します。

 
 

保険会社へ連絡""

スピード、信号、車の位置関係など事故状況を詳しく報告します。

 
 

その場で約束はしない
たとえ相手の申し出があっても、その場で示談をはじめとする約束事をしてはいけません。後々トラブルにつながることがあります。万が一事故に合った時、掛かりつけ工場が親身になってお客様をサポートいたします。是非お近くの掛かりつけ工場を車体組合ページで見つけて下さい。